消費税の納税免除

法人化による消費税の納税免除

消費税については、2期前の売上高が1,000万円を超えている場合に納税義務が発生します。

また、資本金が1,000万円以上の会社では、初年度から消費税の納税義務が生じます。


しかし、下記の要件を満たせば、免税事業者として取り扱われます。

【消費税免税業者となるための要件】

  • 1.資本金1000万円未満の会社にすれば、設立後2会計期間は消費税の納税が免除されます。
  • 2.会計期間は、設立日から1年以内の一番遅い月末を決算日(4月1日設立の場合は3月31日)に設定すると免税期間を最大限にとることができます。

会社設立は最首総合事務所におまかせ!