商号調査

会社名のことを会社法では「商号」といいます。

この商号は原則として自由に付けられますが、「同一所在場所」において「同一商号」の会社がすでに登記されている場合は、その商号は使用することができません。


そのため、その商号が使用できるかを前もって調査することを「商号調査」といいます。


会社法施行により類似商号規制が廃止され、「同一所在場所」、「同一商号」の会社でなければ登記が可能となりました。

しかし、他の会社と誤認されるおそれのある商号を使用しますと、不正競争防止法に基づく差止請求や損害賠償請求の対象となることも考えられますので、十分に注意して商号を決定する必要があります。

会社設立は最首総合事務所におまかせ!