資本金の設定

最低資本金制度が廃止され、資本金1円の株式会社が設立できるようになりました。

ただし、資本金1円の会社を設立しても取引先や金融機関の信用を得られないという事態が予想されますので、ある程度の資本金はご用意いただく必要があります。


たとえば、建設業の許可を取得する場合は500万円以上の資本調達能力があることが要件となりますので、資本金の額を500万円以上にすることをおすすめします。

その他、許認可取得を必要としない会社でも最低で50万円~300万円程度を資本金としている会社が一般的です。

会社設立は最首総合事務所におまかせ!