会社設立の基本事項

会社設立にあたり、まずは以下の基本事項を決定していただく必要があります。

決定しなければならない事項とポイント

会社名(商号)

会社名(商号)は非常に大切なものです。慎重に決定しましょう。


【主な決まりごと】

・同一住所で同一名称は使えない。

・必ず「株式会社」「合同会社」を入れる

目的

会社が行う事業の内容を決定いたします。具体的に記載いたします。

※ただし、目的が登記できるものか法務局に問い合わせないと判断できないため、文言はご相談のうえ変更させていただくこともあります。

 → 事業目的の設定について

本店所在地

正確な所在地番を記入します。

例:千葉県千葉市中央区弁天一丁目15番1号

資本金

資本金をいくらにするか決定します。

 → 資本金額の設定について

役員構成および取締役会設置の有無

取締役を誰にするか決定します。

また、取締役会を設置した場合、監査役を誰にするか決定します。

決算期

いつ頃がよいか分からない場合はご相談ください。

その他

株式の譲渡制限や取締役・監査役の任期、公告の方法など

会社設立は最首総合事務所におまかせ!