電子定款認証で4万円節約できます

会社設立時に必要な定款を作成し、公証人の認証を受ける作業は、かつては紙面で作成し、収入印紙4万円を貼付して公証役場へ持参する方法以外認められていませんでした。

現在では、オンラインによる定款認証手続きが認められたことにより、電子定款については収入印紙代4万円が不要となりました。

収入印紙が不要な理由は、印紙税は紙面での文書に対して課税される税金であり、電子媒体で作成された定款は印紙税法による課税対象とはならないという取扱がなされているためです。

当事務所ではオンラインによる手続きを行っておりますので、4万円節約することができます。

会社設立は最首総合事務所におまかせ!